先日、読売新聞に、絶食(ファスティング)療法の記事が紹介されていました。
記事よると、最近は、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病や、肥満の改善
目的で絶食療法をホテルや病院が提供するというものです。

その記事でも、絶食(ファスティング)療法によって、胃や腸を休め、
体内の老廃物を排出して、血液を浄化し、自律神経やホルモンの働きを
正常化させるとありました。


ここで大事なポイントをひとつ・・・


絶食療法で大事なのは、絶食だけではありません。
胃や腸に負担をかけない「必須栄養素補給ドリンク」が、
もうひとつの大事なポイントなのです。

絶食療法をススメる方の多くが、この「必須栄養素補給ドリンク」として
「酵素ジュース」を使っています。
酵素ジュースは、必須栄養素を含むだけでなく、酵素のパワーで、より
血液や細胞レベルから、体内の浄化をすることが可能になります。



栄養素も栄養素だけではただの栄養で、何の働きも人間の身体にはしません。
酵素と組み合わさって始めて栄養素はきちんとその効能を発揮するのです。
ですから、絶食療法には酵素補給がかかせないのです!


とはいえ、読売新聞の記事のように、実際にホテルなどの宿泊プランで
数日間も参加できる人は、あまり、いえ、めったにいらっしゃいません。


ですが、日常生活をしつつ、自宅で2、3日、
あるいは1日だけでも<いえ、朝食だけでも抜くことで
絶食(ファスティング)療法としての効果は期待できるんです!


↓以下は、当店がオススメする継続しやすい酵素ファスティングです。

  @(朝食抜き)酵素ファスティング療法
  A(一日半絶食)酵素ファスティング療法

  生活習慣病対策の体質改善に、そしてダイエットに、
一度試してみてください。




ファスティング(断食)に効果があるということは
分かるのですが、正直1日の断食も難しいです。そこでオススメ!

「酵素朝食抜きファスティング」!


朝一食だけでも効果はあります(^^) 
一食抜いただけでも臓器には休息できる時間が増えますし、老廃物の排泄にもつながります。 
ただ抜くだけでは、栄養素や酵素が不足しますので、一緒に液体酵素の「セイエイ」を一杯飲んでください。

抜いた食事の時に、
酵素を補給するのがポイントです!


酵素というのは、生の食物からしか摂取できませんので、セイエイなどの酵素製品を飲まないのであれば、
生野菜ジュースなどをファスティング中に飲む必要があります。ですが、セイエイのほうが、より多くの種類と量の酵素補給が簡単で有効です(^^)!

朝食をぬく
    酵素(セイエイ)50cc
    (ぬるま湯で2〜3倍に薄める)

・10:00頃
    酵素(セイエイ)30cc
    (ぬるま湯で2〜3倍に薄める)
    昼食の30分〜60分前に 酵輝仙1包

・ 昼食は腹6〜7分目で温かいものを
    夕食の30分〜60分前に 酵輝仙1包

・ 夕食も腹6〜7分目で温かいものを
    夕方から夜にかけて便秘解消健康茶とシェリールを
    一緒に飲む

・ 夜 酵輝仙1包

 
絶食中、お腹が空いてもたない方は、お粥、うどん半分、小さなおむすびくらいは食べてもよいです。



多種類の野菜,根菜,果実,海草などから
その栄養分だけを発酵作用で抽出した
「植物性複合酵素飲料」です。


セイエイの原料は
  新鮮な野菜・果実・根菜・海藻などの60余種類に更に樹液を加えて
  原料としています。
  市販の酵素液の中に、これだけ多種類の新鮮な原料を用いている
  ものはほかに見あたりません。

 
セイエイの製法は
  上記の植物原料に糖質(麦芽糖、ブドウ糖)を加え酵母、有用バク
  テリアなどの、微生物の作用により
  原料に含まれる植物性酵素群、栄養分を発酵抽出いたします。


セイエイの成分は
  植物原料に含まれる植物性酵素群はもちろん有機アミノ酸群、
  ビタミン群、有機ミネラル等健康の維持、栄養の補給に重要な成分
  が豊富に含まれています。



1200ml
本体価格:6500円



セイエイの詳しい商品説明はこちら!
 
 


酵素のはなし・・・

三大栄養素を中心に、十分栄養を摂取していれば健康でいられるというと
そうともいえません。
それは栄養素が実際に生きて利用されていないと役に立たないだけでなく、
かえって不健康にもなりかねないからです。

それではどうすればいいのかということですが、それは酵素の働きによって
“生きた栄養”にしなければならないのです。極端かもしれませんが“酵素が
なければ、栄養は単なる物質”にすぎず、なんの役にもたたないのです。

例を上げてみましょう。ご飯を食べた場合、胃でこまかくくだかれますが、
そこに酵素がなければ体内に栄養分は吸収されません。
胃液にまじってアミラーゼやインベルターゼなどの消化酵素が分泌されて、
でん粉をブドウ糖に変え、ここで始めて体内に吸収されやすい栄養素に
分解(たんぱく分解酵素)されることによって、血液や筋肉になるのです。

このように、酵素は身体の中で食べ物を“生きた栄養”に変化される大切な
要素なのです。もし、酵素がなければ、食物を摂取すれぼするほど不健康に
なるとさえいえます。